忍者ブログ
201711250120
CATEGORY[]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


201001300741
CATEGORY[政治・経済]
暴言を吐く平野官房長官に辞職を要求しよう!
「そんなの関係ねえー」??? 「釣った魚に餌をやる馬鹿はない」と言わんばかりの民主党の傍若無人な暴政が連続しています。

「政権をとってしまえば民意など関係ない」というナチスばりの授権法的発想で動いている小鳩民主党に国民の怒りをぶつけ、外国人地方参政権法案提出策動を立ち往生させましょう!

(以下記事紹介)
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」
1月27日20時32分配信 産経新聞

平野博文官房長官は27日の記者会見で、政府が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を検討していることに対し、都道府県知事や地方議会から反対表明や反対決議採択が相次いでいることについて「自治体のみなさんの決議・意見は承知していないが、そのことと、
この問題とは根本的に違う問題だ」と述べた。

参政権付与法案提出は、地方自治体の意見に左右されないとの見解を示したものだ。

[フォト]センター試験設問で「外国人参政権容認?」

民主党は昨年の衆院選の政権公約(マニフェスト)で「地方主権」の確立を掲げているが、平野氏は「(この問題)地方主権の考え方とはまったく違う」と指摘。

その上で「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と主張した。(以上引用終)

これは同法案の危険性を看破し、「当事者」として地域に根ざした反対の声を上げている国民に対し、小鳩政権が明確な敵対姿勢を示し、小沢捜査の膠着と機を一にして「数の論理」で押し切る提出攻撃をかけるとの意志表示をしたものと捉えねばなりません。

反対派は「小沢、逮捕!」の念仏で安穏としている場合ではありません。

反撃、反撃また反撃です!早速以下のアクションに取り組みましょう。

1.「政権をとれば国民を煮ても焼いてもこちらのもの」と考えている平野氏や民主党に怒りの抗議(電話・ファックス)をぶつけましょう

(1)平野氏や鳩山首相、民主党本部に抗議しましょう

[平野博文 議員会館事務所]★ TEL:03-3508-7080 FAX:03-3502-5025 

[鳩山由紀夫 議員会館事務所] TEL:03-3508-7334 FAX:03-3502-5295

[首相官邸] TEL:03-3581-0101

[民主党本部]★ TEL:03-3595-9988 FAX:03-3595-9961

(2)地元の民主党議員に抗議しましょう(電話・ファックス)

■あなたの住んでいる小選挙区選出の民主党衆院議員
■あなたの住んでいる比例ブロック選出の民主党衆院議員
■あなたの住んでいる都道府県選出の民主党参院議員
■あなたが要請したい比例区選出の民主党参院議員
連絡先は添付ファイルをご参照ください。

<例文> ※あくまでも一つの例です皆様の
自分の考えで書くのがベストです!

■前政権への反対票で一回の選挙で勝ったからといって、随分「国民の支持」を拡大解釈して横暴な発言をしますね。

国民固有の権利である参政権を選挙で世話になった外国人や外交政策で味方につけたい国に叩き売る外国人地方参政権法案は地方自治体にとって当事者としての死活問題につながりますよ。

この法案が通って地域に外国人優先の変な既得権が出来たり、侵略的に住民を送り込んでくる隣国の保護領みたいになったらどうするのですか。

それを「地方は関係ない」だなんて何と横暴なことをいうのでしょう。

平野氏は地方の国民の声を聞かず、政権交代万能授権法で憲法違反の悪法をごり押しするナチス的政治家です。すぐに辞職してください。

■地方が当事者の問題の法案を、「地方は関係ない」ってあまりに政権交代に悪乗りしすぎじゃありませんか。一旦政権をとったら選挙に協力した外国人圧力団体や幹事長外交がらみの中国のことしか考えないのですね。

地方を、国民をあまりに馬鹿にしていますよ。国民を欺いた民主党に激しい怒りを感じています。外国人地方参政権は憲法違反です。

これを提出したら参院選では民主党の落選運動をします。
暴言を吐いた平野氏は辞職すべきです。

■外国人地方参政権法案が成立したら、民主党はますます韓国人や中国人の人気取りをして、地方の暮らしを日本国民が不利益を蒙る窮屈なものにしていくのは眼に見えています。

かつての同和利権のような既得権益が出来、そのコストを従来からの国民が負わされるのはまっぴらです。

「友愛」とかの理想論でなく本当の「国民の生活」を守りなさい。
外国人地方参政権法案は絶対提出しないでください。

平野長官の「地方は関係ない」とは何ですか!「釣った国民の声を聞く馬鹿はない」ですか?

あまりに国民を馬鹿にしていますよ。平野氏の罷免を求めます。


2.原口総務相に、平野氏を糾弾し発言の撤回を求めるよう要請しましょう(電話・ファックス)

原口一博総務相は22日の閣議後会見で、永住外国人に地方参政権を与える法案について、「地方そのものの問題なので、地方側の意見をよく聴いていきたい」と述べています。平野長官の発言はこの担当大臣の発言を否定する暴論です。

鳩山内閣の「お家芸」とも言える無責任なバラバラ発言を突き、平野氏に発言を撤回させ、地方の声を尊重して同法案には慎重に臨むよう原口氏に要請しましょう。

[原口一博 議員会館事務所事務所]TEL:3508-7238 FAX:3508-3238
[総務省]ホームページ意見欄 https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html

<例文> ※あくまでも一つの例です皆様の自分の考えで書くのがベストです!

■平野博文官房長官が外国人地方参政権問題で「地方の意向は関係ない」という暴論を吐いています。

これは原口大臣の言った地方の意向尊重と正反対ですよ。

民主党政権は何を考えているのですか?

二枚舌で国民を欺くのですか?

地方に及ぼすこの法律の悪影響を考慮して拙速な提出を止めてください。

思い込みの友愛論や歪んだ歴史認識に基づいた独善的アジア外交を前提とするのではなく、地方の声、国民の声を聞いて、国民の利益を守ってください。

外国人地方参政権法案には慎重であるべきだと大臣は態度で示し、めちゃくちゃな平野長官の発言を撤回させてください。


3.亀井静香氏率いる国民新党に、平野氏の発言を糾弾し長官罷免を鳩山首相に求めるよう要請しましょう(電話・ファックス・メール)

同法案反対の少数与党・国民新党にこの発言の不当性を訴え、平野氏の辞職を鳩山首相に求め、重ねて同法案への反対の意思表示を行うよう要請しましょう。

[国民新党本部]★ TEL:03-5275-2671 FAX:03-5275-2675
http://www.kokumin.or.jp/

<例文> ※あくまでも一つの例です皆様の自分の考えで書くのがベストです!

■平野官房長官が外国人地方参政権法案は「地方の意見は関係ない」といっています。これは当事者を無視した暴論です。民主党は数を頼んで政権交代したから何をしてもいいと慢心しています。

このままでは小沢氏独裁のファシズム政権になってしまいます。小数与党の国民新党が正論を述べてこの憲法違反の異常な法案をストップしてください。

■「地方の意見は関係ない」とはあまりにひどすぎます。平野官房長官を罷免し、憲法違反・国民固有の権利を叩き売りする外国人地方参政権法案の上程をやめるよう鳩山首相に強力要請してください。


4.自民党をはじめとした野党に、本国会で平野氏の発言を糾弾し
辞職要求するよう要請しましょう(電話・ファックス)

野党で24日の党大会で同法案への党としての反対を決定した自民党その他野党に、平野氏の発言がいかに国民を愚弄するものであるかを訴え、その責任を追及し辞職要求するよう、また地方自治体の3月議会で反対決議を議員提案で積極的に実現するよう要請しましょう。

[自民党本部] TEL:03-3581-6211 FAX:03-5511-8855
http://www.jimin.jp/index.html

[大島理森幹事長 議員会館事務所]★ TEL:03-3508-7502 FAX :03-3502-5082
[川崎二郎国会対策委員長 議員会館事務所]★ TEL:03-3508-7152 FAX:03-3502-5173

以下、質問が期待できそうな自民党議員
[稲田朋美衆議院議員 議員会館事務所]TEL:03-3508-7035 FAX:03-3508-3835
[古屋圭司衆議院議員 議員会館事務所]TEL:03-3508-7440 FAX:03-3592-9040
[衛藤晟一参議院議員 議員会館事務所]TEL:03-3508-8233 FAX:03-5512-2233
[西田昌司参議院議員 議員会館事務所]TEL:03-3508-8512 FAX:03-3502-8897
[山谷えり子参議院議員 議員会館事務所]TEL:03-3508-8611 FAX:03-5512-2611

[みんなの党本部]★
TEL:03-5216-3710 FAX:03-5216-3711
http://wrs.search.yahoo.co.jp/;_ylt=A3xTpoGEH_VKyoAAI0mDTwx.;_ylu=X3oDMTEyOW10aDVjBHBvcwMyBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGUEdnRpZANqcDAwMTQ-/SIG=11d1c6iee/EXP=1257664772/*-http%3A//www.your-party.jp/

[改革クラブ本部]
https://www.kaikakuclub.jp/opinion/
<例文> ※あくまでも一つの例です皆様の自分の考えで書くのがベストです!

■平野官房長官が外国人地方参政権法案は「地方の意見は関係ない」といっています。これは当事者である地方自治体の声を無視した暴論です。

民主党は数を頼んで政権交代したから何をしてもいいという危険な考えに毒されています。このままでは小沢氏独裁のファシズム政権になってしまいます。

野党が正論を述べてこの憲法違反の異常な法案をストップすべく、民団の選挙協力と参政権の関係や平野氏の国民無視・地方無視の政治家としての姿勢を徹底追及してください。

■「地方の意見は関係ない」とはあまりにひどすぎます。平野官房長官の罷免し、憲法違反・国民固有の権利を叩き売りする外国人地方参政権法案の上程をやめるよう鳩山首相に質問をぶつけてください。

赤松農水相の民団への選挙公約が私的発言があっても、民主党への民団の選挙協力とこの法案は完全にバーターで、実質収賄と同じ、しかも内政干渉の政治ビジネス化ですよ。これもあわせて追求してください。

■平野官房長官の外国人地方参政権法案に「地方は関係ない」発言を全面撤回させ、この国民愚弄の政治屋を退場させるため、全国の地方議員に連絡して、各自治体で平野氏の発言撤回・謝罪・辞職を求める決議や首長発言を推進してください。

<参考>外国人地方参政権法案が地方に与える影響(「関係ない」などではまったくない)の例を書いた常総市の運動で使用したチラシの文面を載せますので、ご自分流にアレンジする時の参考にしてください。


PR

コメント[0] トラックバック[0]
<<1月30日 カトリック正義と平和協議会・外キ協による政治集会に抗議活動 | HOME |支那猿>>
コメント一覧
コメント投稿















TrackBack
トラックバックURL

<<1月30日 カトリック正義と平和協議会・外キ協による政治集会に抗議活動 | HOME |支那猿>>

忍者ブログ [PR]