忍者ブログ
201708240802
CATEGORY[]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


201005270406
CATEGORY[政治・経済]
そもそも、ことの起こりは、韓国からの視察団が日本の牛舎を見学に来た事から始まった。当初、この視察団の申し入れが韓国からあった時、実はすでに韓国では口蹄疫が流行っていたのである!!

だから、どこの県の地方自治体も視察団の受け入れを断ったのです。
勿論、宮崎県も最初は断ったんだけど、某馬鹿タレ議員が宮崎の水牛を飼っている牛舎に目をつけたのです。

そもそも水牛は飼うのに、国の認可が必要らしくて、お上の言うことには逆らえない立場なのである。そして、その馬鹿タレ議員の押しに負けて、やむを得ず、その水牛の牛舎はトンスル民族の視察団を受け入れたという事です。

そして、なんと!!そこが口蹄疫の最初の発症地になってしまったのである!!勿論、韓国の視察団が口蹄疫のウィルスを運んできたという確たる証拠はないのですが、状況から判断してまず間違いないでしょう。

今回の事件に関しては、宮崎の畜産農家の方々には心からお気の毒だと思います。しかし!!断定は出来ないが・・・ほんとトンスルキムチ民族は世界中で問題を起こす大迷惑な害虫民族です。

多大な損害を与えやがった!!もしかしたら確信犯かも知れない。
民主党もマスコミも普天間問題に話をそらす工作に必死のようです。
とにかく怪しすぎます!!これは陰謀論になってしまうが、もしかしたら、これは韓国と民主党が計画的に起こした、バイオテロ事件じゃないのかと疑ってしまうのは私だけでしょうか?


【30秒バージョン】


<font size=1>FLASHのプラグインをダウンロードしてください</font>

(18禁)日本最大級の会員数を誇る本物の出会い!ハッピーメール

PR

コメント[0] トラックバック[0]
<<人権侵害救済法案(人権擁護法案)民主党の言論弾圧売国法案 | HOME |5.25 赤松口蹄疫事件を徹底糾弾! IN農水省前>>
コメント一覧
コメント投稿















TrackBack
トラックバックURL

<<人権侵害救済法案(人権擁護法案)民主党の言論弾圧売国法案 | HOME |5.25 赤松口蹄疫事件を徹底糾弾! IN農水省前>>

忍者ブログ [PR]