忍者ブログ
201708240817
CATEGORY[]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


201007010028
CATEGORY[政治・経済]
日本人は朝日新聞の「言論テロ」を見過ごせない!
毒物の販売(上映)に「表現の自由」を認めないぞ
リチャード・オバリー(毒物セールスマ ンの)人種差別に鉄槌を下
せ!

朝日新聞は14日の社説で、虐日映画『ザ・コーヴ』の上映反対に対して下記の主旨を掲 載した。

[ザ・コーヴ中止―自由社会は見過ごせない]
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

問 題は、この映画の内容が妥当かどうか、質が高いかどうかとはまったく別のことだ。たとえ評価が割れたり、多くの人が反発したりする作 品や意見であっても、それを発表する自由は保障する。

それが表現や言論の自由であり、自由な社会の土台である」朝日新聞でさ え、この映画がただ単に本人を貶めることを目的にした究極の人種差別であることを知り抜いている。日本人に劣等民族のレッテルを貼り 付ける精神の毒薬であることを。

しかも、盗撮(窃盗)という恥ずべき手法でありながら、これに触れもせず「表現の自由」で盗品 を売り裁く(上映)という許し難き朝日の社説である。『ザ・コーヴ』の製作に深く関与するシーシェパード出身のリチャード・オバリー が代々木でイルカ保護を謳った講演会を開く。

03年9月、シーシェパードは「イルカ・キャンペーン」と称し和歌山県 太地町のイルカ漁の網を切断する事件を起こしたことが明記され、メンバー2名が警察に23日間拘留されたとある。その際、同行してい たのが、当時シーシェパードのメンバーであったリチャード・オバリーだった。

一方、ルイ・シホヨスは、05年に「海洋保全協 会」(Oceanic Preservation Society, OPS)という団体を設立、映画「ザ・コーヴ」はこの団体の提 供とのクレジットが付されているが、この「海洋保全協会」のウェッブサイトの「パートナーズ」にシーシェパードのリンクがある。

さ らに決定的なことに、映画「ザ・コーヴ」制作の基礎を築いたのはシーシェパード自身であり、リチャード・オバリーが太地町に出入りす るためにシーシェパードを辞め、この映画の計画を暖めた後の07年に、ルイ・シホヨスが監督になったとシーシェパード自らが白状して いる。オバリーは紛れもない日本人を差別する正真正銘のテロリストである。この欧米白人に日本人の怒りを叩きつけよう



(1/4) 「表現の自由」で盗品販売を正当化する朝日新聞
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11151897
(2/4) 「表現の自由」で盗品販売を正当化する朝日新聞
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11152068
(3/4) 「表現の自由」で盗品販売を正当化する朝日新聞
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11152221
(4/4) 「表現の自由」で盗品販売を正当化する朝日新聞
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11152412


PR

コメント[0] トラックバック[0]
<<欧米白人の手先、Googleの言論弾圧を許さない | HOME |政治に興味ない人に日本の現状を知って貰う日記>>
コメント一覧
コメント投稿















TrackBack
トラックバックURL

<<欧米白人の手先、Googleの言論弾圧を許さない | HOME |政治に興味ない人に日本の現状を知って貰う日記>>

忍者ブログ [PR]